HOME>記事一覧>色々な人材のそれぞれの強みを活かせるように配置しよう

目次

ただの人員補充の為だけではない

最近、レジ業務を担当する人材を外注する、レジアウトソーシングを使う企業が増えているといいます。これには、不足しているレジの人員を補充するという以外の意味合いもあるようです。その1つが、様々な現場で実務経験を積んだアウトソーシングのスタッフの仕事内容を見て、自社の接客サービスに足りない所は何かという参考にするという利用法です。レジアウトソーシングで派遣されるスタッフは、自社の業種以外の業界のレジ業務に携わっていた人材も数多く存在します。そうした人たちの経験を吸収し、店舗としてのさらなる成長を図ろうという使い方も良く見られます。

工夫次第で色々な使い道も

また、特定の時間に人員が不足していて、募集をかけても人が集まらないといったケースにも、レジアウトソーシングは活用出来ます。その地域に条件に合致する人が居なくとも、応募に来る人を待つ事がありません。また、特定の期間のみ繁忙期を迎えるという店舗等も、レジアウトソーシングを活用しているといいます。季節によって必要な人員が大きく変化する店舗等では、もし人が集まらない場合等を考慮し、その都度募集をかけてられない事情があります。そのような際には、極力以前来てくれた人に来てもらうように要請する場合も多いです。

広告募集中